#拝啓 高村幸太郎 様

 暦の上では秋なのにまだまだ暑いね。

日中は猛暑日が続いているけれど、夜風が涼しくなって、秋の虫の音が、わたしたち耳をたのしませてくれているね (^^)

すこしずつ感じ始めた秋に、高村幸太郎さまへのお手紙をしたためてみた、、、



拝啓 高村幸太郎 様

「東京に空が無い」と、智恵子さんがおっしゃったとか。

智恵子さんに、「東京にも、こんなに広くて大きなステキな空があるよ」と、お伝えください。

もし、それでも、智恵子さんが「東京に空が無い」とおっしゃったら、それは、わたしの写真撮影の技術がないからだと、お伝えください (笑)。





俳句の秋のイメージカラーは、" 白 " と " 金 " なんだそう。

ほぼ毎日、散歩をして空を眺めているわたしにとっては、あまりピンとこない。

この白く金色に輝く夕日が、秋以外にも見られるから。

なぜ、俳句の秋のイメージカラーが、" 白 " と " 金 " なんだろう???





こんなに緑がいっぱいなのに、ここは都内某所!

さらに、土の上を歩ける贅沢な場所!

わたしの1番お気に入りの散歩道 (^O^)/





この写真なら、都内だと、少しは信じてもらえるかな???




上京して15年。


ずっと引越ししないのは、この広くて大きな空が好きだから。


15年前、田舎から上京して、満員電車と人の多さに、半年ぐらい、毎日疲弊していたんだ。


でも、この広くて大きな空を見ると、いろいろなことが「まっ、いいか」と思えたな。


15年経っても、飽きることのない、広くて大きくて大好きな空。




● 高村幸太郎 ●

 (1883.3.13-1956.4.2) 

詩人・彫刻家 


『あどけない話』

智恵子は東京に空が無いといふ。

ほんとの空が見たいといふ。

私は驚いて空を見る。

桜若葉の間に在るのは、

切っても切れない

むかしなじみのきれいな空だ。

どんよりけむる地平のぼかしは

うすもも色の朝のしめりだ。

智恵子は遠くを見ながら言ふ。

阿多多羅山の山の上に

毎日出ている青い空が

智恵子のほんとうの空だといふ。

あどけない空の話である。

【 掲示板 】

おしゃべりをすると元気になる「おしゃべりネットカフェ」でお話をして、こころを元気にしてみませんか?ご来店をお待ちしています (^^♪ (予約制)