投稿

ラベル(#映画と共に)が付いた投稿を表示しています

#「旅のたのしみ方」いろはdeおしゃべり

イメージ
 旅の仕方にもいろいろとあるよね。 ひとり旅、友だちや仲間たちとの旅、ツアーに参加しての旅といろいろ。 どの旅も一長一短で、たのしみ方に違いがあると思う。 友だちや仲間たちとの旅は、近状報告とかをしながら、ワイワイガヤガヤの旅だったり、ペチャクチヤしゃべりながらの旅だったり、 ツアーの旅は、ツアー参加者の方のお話から、わたしの知らないことを知ったり、添乗員さんから観光地の情報などが聞けたり、計画を立てたりする時間とかが省けてラクだったり、 ひとり旅は、なにもかも自由にできる旅だったり、 どの旅もわたしは好き。 人といっしょの旅とひとり旅、どっちも比べられないよさがある。 人といっしょの旅は、いっしょに同じ景色を見て「キレイだね」というと、「キレイだね」と言ってくれる人がいる。食べ物も別なものをたのんでシェアできたりと、分かち合えるよさがあるなと思う。 ひとり旅には、そういう分かち合うということが少なくなるけど、旅先で出会った人との交流をたのしめたり、その時の自分の思いつきで計画を変更して行動ができたりという自由があると思う。 自分が好きなことだけをして、行きたいところだけに行くということができるというのが、ひとり旅の醍醐味。 30代のころ、海外ひとり旅を1年に1回はするようにしていた。 どうして海外をひとり旅していたかというと、 自分にウソをつかない 頭の中と体は大人なのに、子どもになれる この感覚が好きで、海外ひとり旅をしていたんだ。 1.自分にウソをつかない 人といっしょの旅には、会話や食べ物とかをシェアしたりして分かち合えるたのしさがある反面、日常でも、おいしいと思っていないのに「おいしい」とウソの返答をすることがたまにあるけど、そういうことがひとり旅にはないんだよね。 人を貶めるウソではなくて、コミュニケーションの潤滑油ともなるウソだけど、ウソはウソ、そういうウソをつかないでいられる。 自分が好きなことだけをして、行きたいところだけに行って、ウソをつかない素直な自分のこころにだけ従って行動ができる。 2.頭の中と体は大人なのに、子どもになれる 海外ひとり旅をしたのは大人になってから。だからもちろん、それなりの一般常識をもった大人であり、体。 でも、ひとり旅で行った国では、わたしは子ども。 言葉は片言しか話せないし、国によっては、あいさつと Yes と NO

#狂気の沙汰の果て

イメージ
 25日からの気温35度越えがつづいて、さらに30日の6月の最高気温更新というあまりの酷暑で、「暑い」以外にことばがでない (-_-) 春から美容院へ行こう行こうと思っていたんだけど、パタパタしていて時間がとれず。 クーラーが苦手だから夜にクーラーを使用しない。クーラーなしだとこの酷暑で、夜も汗がひかないから眠れない。胸ぐらいの長さの髪の毛は、肌にペタペタとまとわりついて不快。 眠れない、、、眠れない、、、。 あぁぁぁぁぁ、眠れない! この暑さだと、人間、狂気になるのかも?! あぁぁぁぁぁ、髪の毛うるさい、自分で髪の毛切っちゃえ! 暑さからの狂気?!ウチにある紙を切るハサミで、深夜、ジョキジョキと後ろ髪を切る。 その姿は、はた目から見たら、皿屋敷のお菊か、貞子みたいに見えて異様な光景だったんじゃないかと思うよ、アハハ。 わたしが後ろ髪を自分でジョキジョキと切っていく姿をもし見ていたら、ホラー映画を観ているみたいで、すこし " 涼 " を感じられたかも?!(笑)。 前髪は自分で切る時があるけど、後ろ髪を切るのは初めて。なかなか揃えて切るのはむずかしい。 ほんとうは、鎖骨ぐらいの長さのセミロングにするつもりだったんだけど、揃えよう揃えようと切っていたら、肩の長さとなってしまった。 暑さによる狂気の沙汰の果て、わたしは金太郎人形になった。ひな人形じゃなく、金太郎人形に (笑)。 金太郎人形 髪の毛が多いわたしが一番してはいけない長さ。金太郎人形のような収拾のつかないひろがったヘアスタイルとなった。 すこしクセ毛があるから、しっかり揃えて切らなくてもいいのはラクだったけど、美容師というプロの職業があるのがわかるね、自分で後ろ髪を切るのはむずかしいもん。 すきバサミ 予定より10㎝も切りすぎて、金太郎人形になったのに懲りないわたし。すきバサミを使ったら金太郎人形状態から脱出できるのか試したくなっている。 髪の毛はまた伸びるから失敗しても平気だからね、近いうちにすきバサミを買って試してみようっと。 ~ ▲ Memo ▼ ~ 葛飾北斎「百物語 さらやしき」 皿屋敷 (さらやしき) は、お菊の亡霊が井戸で夜な夜な「いちまーい、にまーい、さんまーい、、、」と、お皿を数える怪談話 映画「リング」 1998年公開 映画「リング」は、後編にあたる「らせん」と同時公開され

#ウチも聞こえるわよ!隣人愛は、アナタの〇〇の音でした!

イメージ
2009年に公開された映画「おと な り」、V6の岡田准一さんが主演で、アパートのお隣さんと恋に落ちるストーリー。  『初めて好きになったのは、あなたの生きている音でした』 キャャャャ、V6の岡田君に言われたら、そりゃ、恋に落ちるわよ!  だから、映画のタイトルが「おとなり」ではなくて、「おと な り」と、字の間隔が空いてるの?! 「おとなり」ではなくて、「おと な り」。 お隣の「おと」と、音なりの「おと」を掛けたんだね、きっと。   ウチもお隣から聞こえるわよ!規則正しい生活をしているんだろうね、毎晩、夜11時過ぎ、アパートの隣から「おと」が・・・何の音って?! イビキよ、イビキ! イビキが毎晩聞こえるわよ!  V6の岡田君なら、イビキでも恋に落ちるけど、現実わね~ (笑)。   アパートの住人が退去をすると、「映画「おと な り」みたいに、イケメンが引っ越してきて、恋にでも落ちないかな~」、なんて、妄想を抱いてしまうけれど、このアパートに住んで15年、ないね (笑)。  でもね、妙なもので、恋ではなくて隣人愛だけど、愛は感じるの! お隣さん、男性の独り暮らしだからね、イビキが聞こえないと、「もしかして死んだ?!」と、思って気になってしまう。 勝手に孤独死すると決めつけるな!なんだけどね (笑)。 もし、何日もイビキが聞こえなかったら、わたしが第一発見者になってあげないと!と、妙な使命感。  隣人愛だね~、愛にも、いろいろな愛があるもんだね!   わたしが隣人愛の大切さを痛感したのは、2019年の台風19号の被害。 あの台風の被害は、事前にテレビやラジオのニュース、行政からの避難勧告とかで避難可能な災害だったけれど、これが地震とかの突然の大災害の場合、まず助け合うのは、家族とか同居人、そのつぎはお隣さんやご近所さんになるから、隣人愛って大切だなと思ったんだ。   だから、隣3軒ぐらいの家族構成ぐらいは知っておいて、何かあった時には生きるために助け合うと思うこころって、大切なんじゃないかな?!と。  でも、いまの時代、犯罪とかプライバシーの問題とかもあるから、なかなか難しいんだろうな、、、 隣3軒ぐらいの程よいパートナーシップ、普段は干渉しないけれど、災害時などに家族構成は知っていて、生存確認や助け合える関係・・・そんな関係が増えると、災害とか防犯のヒューマンセキ

【 掲示板 】

おしゃべりをすると元気になる「おしゃべりネットカフェ」でお話をして、こころを元気にしてみませんか?ご来店をお待ちしています (^^♪ (予約制)