投稿

#楽天モバイル 2022年11月から「1GB以下実質ゼロ円廃止」

イメージ
わたしは楽天の社員でも関係者でもない。もちろん、楽天から金品の授与をうけているわけではない。 でも、楽天モバイルの「国内無料通話」はありがたいから、楽天モバイルを応援したい! 2022年7月1日から楽天モバイルの新料金 「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」 になって、基本料金ゼロ円が廃止となった。 だから、 ゼロ円廃止の発表後、すぐに解約した人 1Gまでゼロ円が終わる8月までに解約した人 楽天ポイント還元で実質ゼロ円が終わる10月までに解約する人 11月以降も継続する人 がいるんだろうな。 ゼロ円が終わる2022年11月から、3GBまで月1,078円 (税込み)。 この料金、フリーランスのわたしにはメリットが大きいんだよね。 国内無料通話 携帯番号を通知して、国内無料で電話ができるのは、フリーランスのわたしにとって、ほんとうにありがたい。 キャリアメールが無料 これはいまのところキャリア承認をしないといけないときがないから、なんとも言えないけど、でもキャリア承認が必要なときのために、無料でキャリアメールをキープしておけるというのはありがたい。 あと、楽天市場などを利用している楽天経済圏の人にはメリットがいろいろとあって大きい。 ただ、やっぱりプラチナバンドがなくて、電波が・・・。 わたしは、仕事場も自宅もWi-Fi環境だから問題ないけど、Wi-Fi環境でない人は、生活圏によって、電場の関係で、楽天モバイルにしたくてもできない人っているだろうなと。 電波だな、、、 解約者が増えて、楽天モバイルの「国内無料通話」がなくなったら悲しいから、楽天モバイルの応援ブログを書いてみた。応援になっているかは不明だけど。 「楽天モバイル」、 Rakuten Link で電話番号が通知できて、電話代を気にしながらドキドキ電話をかけないでいい国内無料は、ほんとうにイイよ! 「紹介キャンペーン」で、お得をシェアしたいんだけど、楽天モバイルは現在 (2022年9月10日) 紹介キャンペーンをしていないんだよね (-_-) でも、もしこの先、「紹介キャンペーン」が再開されて、紹介者に困っている場合は、下記をクリックして連絡くださいませ。 楽天モバイルの「紹介キャンペーン」で紹介者が必要な方は、ここをクリック お互い、お得をしましょう (^^) ※ 過去の楽天モバイルの紹介キャンペーン 紹

#「旅のたのしみ方」いろはdeおしゃべり

イメージ
 旅の仕方にもいろいろとあるよね。 ひとり旅、友だちや仲間たちとの旅、ツアーに参加しての旅といろいろ。 どの旅も一長一短で、たのしみ方に違いがあると思う。 友だちや仲間たちとの旅は、近状報告とかをしながら、ワイワイガヤガヤの旅だったり、ペチャクチヤしゃべりながらの旅だったり、 ツアーの旅は、ツアー参加者の方のお話から、わたしの知らないことを知ったり、添乗員さんから観光地の情報などが聞けたり、計画を立てたりする時間とかが省けてラクだったり、 ひとり旅は、なにもかも自由にできる旅だったり、 どの旅もわたしは好き。 人といっしょの旅とひとり旅、どっちも比べられないよさがある。 人といっしょの旅は、いっしょに同じ景色を見て「キレイだね」というと、「キレイだね」と言ってくれる人がいる。食べ物も別なものをたのんでシェアできたりと、分かち合えるよさがあるなと思う。 ひとり旅には、そういう分かち合うということが少なくなるけど、旅先で出会った人との交流をたのしめたり、その時の自分の思いつきで計画を変更して行動ができたりという自由があると思う。 自分が好きなことだけをして、行きたいところだけに行くということができるというのが、ひとり旅の醍醐味。 30代のころ、海外ひとり旅を1年に1回はするようにしていた。 どうして海外をひとり旅していたかというと、 自分にウソをつかない 頭の中と体は大人なのに、子どもになれる この感覚が好きで、海外ひとり旅をしていたんだ。 1.自分にウソをつかない 人といっしょの旅には、会話や食べ物とかをシェアしたりして分かち合えるたのしさがある反面、日常でも、おいしいと思っていないのに「おいしい」とウソの返答をすることがたまにあるけど、そういうことがひとり旅にはないんだよね。 人を貶めるウソではなくて、コミュニケーションの潤滑油ともなるウソだけど、ウソはウソ、そういうウソをつかないでいられる。 自分が好きなことだけをして、行きたいところだけに行って、ウソをつかない素直な自分のこころにだけ従って行動ができる。 2.頭の中と体は大人なのに、子どもになれる 海外ひとり旅をしたのは大人になってから。だからもちろん、それなりの一般常識をもった大人であり、体。 でも、ひとり旅で行った国では、わたしは子ども。 言葉は片言しか話せないし、国によっては、あいさつと Yes と NO

#「親を納得させるひと言」いろはdeおしゃべり

イメージ
 親を納得させる殺し文句をもってる? わたしはもってるの!どんな殺し文句かは、あとで話すとして、、、 " いくつになっても親は親 " ということばがあるぐらいだから、親というものは子どものことを心配して、小言が多い生き物なのかもね。 この歳になると、親心というものも理解ができるようになってきているから、ある程度の小言は聞けるようになったな。 でも、ここぞというときには、わたしは殺し文句を使って母親を納得させている。 しょっちゅう使って、効力がなくなってはいけないから、ほんとうにここぞというときに使っている。 わたしの行く先を心配して心配して、あまりにも心配するときにだけ、殺し文句を使っているんだ。 その殺し文句はね、 「お母さんの子どもだもん、大丈夫に決まってる!」 という殺し文句。 この殺し文句を聞くと、ウチの母親は、「そりゃ、わたしの子だから大丈夫」と言わんばかりのドヤ顔をするんだよね。 わたしは、「アナタの子どもだから大丈夫かな?!と思うけど・・・」と、内心思いながら言っているんだけど (笑)。 そして、なぜか、「お母さんの子どもだから、大丈夫に決まってる!」という殺し文句に、ウチの母親は納得して黙る。 だから、このことばは、親を納得させるのに、かなりの力を持っている殺し文句なんじゃないかと思っている。 もし親を納得させたいときがあったら、「あなたの子どもなんだから、大丈夫に決まってる!」という殺し文句を試してみて (^_-)-☆ 注意 : ウチの母親はかなりの変り者だから、一般的な親に効力がある殺し文句とは限りません (笑)。 ~ ▲ 過去ブログ ▼ ~ ブログ1号店『ウチの母親は妖怪?!子泣き爺か砂かけ婆だ!』by Kaon-Bloguru ~ ▲ いろはdeおしゃべりとは? 過去ブログ ▼ ~ #「スタート」いろはdeおしゃべり

#「趣味はなんですか?」いろはdeおしゃべり

イメージ
アナタのご趣味はなんですか? 趣味がなにかと聞かれると、ここ数年は、「韓流ドラマを見ることと、韓国語の習得」と答えている。 プライベートな時間は、韓国語の勉強をしているか、韓流ドラマを見る以外はなにもしていないぐらいのころがあったけれど、そんな韓流への熱狂ぶりはいまはもうない。 でも、いまも好きは好きだから、韓流ドラマは見るし、韓国語の勉強も続けているから、趣味がなにかと聞かれると、「韓流ドラマを見ることと、韓国語の習得」と答えている。 若いころは、ボディーボードやスノーボートをたのしんだり、旅行にも年数回は行っていたけど、いまはほんとうに出不精の引きこもり。 コロナ禍だから不急不要の外出を控えているんじゃなくて、コロナ前から不急不要の外出をしないでステイホームなんだよね。 だから、いまのわたしの趣味は、インドアでじぶんひとりでできることが多い。 あと、ほかの趣味といったら、あえていえば、映画鑑賞 (動画視聴)・読書・散歩とかかな。 映画鑑賞・読書・散歩とかの趣味は、もう何十年にもなる趣味。何十年にもなると、もはや趣味なのか習慣なのかもわからない。 そう、好きな趣味も習慣になるから、じぶんの趣味がいったいなんなのか分からないときがある。 だから、趣味を聞かれて答えているときに、「ほんとうにわたしの趣味なのかな???」と、疑問になることがある。 趣味も長くなると、もはや趣味なのか、習慣なのかわからなくなるのは、わたしだけなのかな?! ~ ▲ いろはdeおしゃべりとは? 過去ブログ ▼ ~ #「スタート」いろはdeおしゃべり

#「南極1号とはキミのこと?!」いろはdeおしゃべり

イメージ
ねぇ、" 南極1号 " って、知ってる???ねぇ、知ってる? わたしはときどき道に迷う。 でも、道に迷ったからこそ、思わぬ体験をすることがある。 この日もそう、道に迷って、、、 東京 御茶ノ水駅 神田川 聖橋付近 道に迷ったことにも気づかないまま歩いていたら、写真を撮るのにいい景色だな~という風景が。 そして、お父さんと娘さんかな、この景色を背景に写真を撮ろうとしている。 写真を撮りたくなる気持ち、分かるな、親子の夏休みのいい思い出になりそうな景色だもんね、、、 なんて思いながら、そのお父さんと娘さんをとおり越して振り返って見ると、 な、な、なんと、、、 人間の娘さんだと思っていた子が、人形だった! それも、それも、あの " 南極1号 " だったの! この人形の名前は、「南極1号」ではないと思うけど、ダッ〇ワイフのシリーズ。 お父さんと目が合い、しばし立ち話を。 小5の娘さんが7年前に白血病で他界して、いまはこの人形を娘さんと思い、写真を撮りながらお出かけするのが趣味になっているんだそう、、、 長い深い悲しみの中にいらしたみたいだけど、この人形を娘さんと思いながらお出かけするようになって、深い悲しみからは抜け出せたんだそう、、、 娘さんの想い出話などを聞きながら、わたしも記念に写真を撮らせていただくことに。 ちなみに、価格は70万円ぐらい。 南極1号を触らせてもらったけど、感触はシリコン、シリコンそのままの感触だったよ。 この場をお借りして、娘さんのご冥福と、お父様のご健勝をお祈り申し上げます、、、 道に迷わなかったら体験しないことってあるから、道に迷うのもたまにはいいよね! 道に迷わなかったら、70万円の南極1号を見ることも、触ることも、わたしの人生の中で体験しなかったことだと思うから。 そう、この先も、道に迷いながら生きたらいいんだ。 道に迷いながら、前に進めばいいんだ (^^) ~ ▲ いろはdeおしゃべりとは? 過去ブログ ▼ ~ #「スタート」いろはdeおしゃべり

【 掲示板 】

おしゃべりをすると元気になる「おしゃべりネットカフェ」でお話をして、こころを元気にしてみませんか?ご来店をお待ちしています (^^♪ (予約制)