投稿

ラベル(#いろは 27「お」)が付いた投稿を表示しています

#「姨捨山 (おばすてやま) は何処にある?!」いろはdeおしゃべり

イメージ
 去年秋、15ヶ月ぶりの帰省をしたら、母の脚力がガタッと落ちていた。 歩く速度は遅いけど、往復7㎞の道を往復できていたのに。 わたしが物心ついたころには、うつ病なのか、心身症なのか、こころの病だった母。 その母に認知症がくわわったかも?! トンチンカンなのはむかしからのこと。 でも、あきらかにむかしとはちがうトンチンカンさが、、、 そんな年老いた母親が独り暮らしをするということが、そろそろ限界に近づいてきているのかも、、、 でも、光も風も入らないあのゴミ屋敷に、母親のトンチンカンな話を聞きながら、いっしょに住むのはムリ。 わたしが病みそう、、、 好きか嫌いかという二択しかないとすれば、わたしは母親が嫌い、、、 映画「楢山節考」 姨捨山って、いったいどこにあるんだろう??? 母を捨てたい、、、 映画「 楢山節考」のように、母親を背負って雪山に行って置き去りにしたい、、、 映画「 楢山節考」のように、「70歳を超えた老人は 楢山参りにでねばならない」という掟があればいいのに、、、 と、トンチンカンな母親とゴミ屋敷にいっしょに暮らすということを想像すると、そんな気持ちになる。 そんな気持ちもあるけれど、トンチンカンな母は母なりに、わたしを産んで育ててくれた。 その感謝の気持ちはある。 だから、いま、 2年以内に実家のゴミ屋敷を片付けて浜松に戻る 実家から徒歩10分ぐらいのアパートに空きがでたら、すぐに戻る ということを検討中。 浜松に戻るということは、いまのこのいろいろな幸せと離れなければならない、、、 富士山を見ながら大きな空の下と土の上を歩ける散歩道、4歳から85歳のご近所さんとの交流、東京に住むならずっと住んでいたいこのアパート、いろいろなことと離れなければならないのは寂しい、、、 でも、考えた末、 トンチンカンな惠子を気にかけてくれるご近所さん、惠子といっしょに食事をしてくれる親友たちがいる浜松の方が、これからの母親にとっても、わたしにとってもいいんじゃないかなと思ったんだ。 そう、だから、今年なのか来年なのか、東京を離れる、、、 ~ ▲ Memo ▼ ~ ● 映画「楢山節考」● 小説家でギタリストだった深沢七郎氏の「 楢山節考」を原作として、映画化が2度されている。 1983年のカンヌ国際映画祭で、パルム・ドームを受賞した映画。 あらすじは、厳しい極寒の地で、貧

#「老い」いろはdeおしゃべり

イメージ
若さという美貌が手に入るなら、大枚をはたいてでも手に入れたい! 「歳だけはとりたくない…」ということばの意味を、実感するようになったというのか、体感し始めるしかないお年頃に突入したというのか、、、 日々、「老い」がジリジリと忍び寄ってきているようで、若いときとは違うドキドキがある。 できるなら大枚をはたいでもさけたいのに、毎日、酸素にさらされ肌は酸化するし、引力に引っ張られ肉は下がるし、どうあがいてもね、、、アハハ。 だから、この「老い」という漢字には、イヤなイメージしかなかったんだけど、でも老いるというネガティブじゃない違う意味があることを知ったんだ。 中国語で「老」という漢字は、「先生」という意味があるんだって! アフリカ大陸には、「ひとりの老人が死ぬということは、ひとつの図書館が燃えてなくなるということと同じだ」という言葉があるんだって。 長く生きた人の " 知識 " と " 経験 " を大切に思う言葉だね。 平均寿命を考えたら、わたしの年齢は、もう人生の折り返し地点を過ぎた年齢になるけど、「先生」といえるほどの " 知識 " と " 経験 " が、わたしにはあるのかな???アハハ。 あの世へ行くときには、「わたしは〇〇の先生でした」と言える何かを、冥土の土産にしたいな (^。^)y-.。o○ 青森の90代男性4人がリレーで世界新記録を達成!

#「親を納得させるひと言」いろはdeおしゃべり

イメージ
 親を納得させる殺し文句をもってる? わたしはもってるの!どんな殺し文句かは、あとで話すとして、、、 " いくつになっても親は親 " ということばがあるぐらいだから、親というものは子どものことを心配して、小言が多い生き物なのかもね。 この歳になると、親心というものも理解ができるようになってきているから、ある程度の小言は聞けるようになったな。 でも、ここぞというときには、わたしは殺し文句を使って母親を納得させている。 しょっちゅう使って、効力がなくなってはいけないから、ほんとうにここぞというときに使っている。 わたしの行く先を心配して心配して、あまりにも心配するときにだけ、殺し文句を使っているんだ。 その殺し文句はね、 「お母さんの子どもだもん、大丈夫に決まってる!」 という殺し文句。 この殺し文句を聞くと、ウチの母親は、「そりゃ、わたしの子だから大丈夫」と言わんばかりのドヤ顔をするんだよね。 わたしは、「アナタの子どもだから大丈夫かな?!と思うけど・・・」と、内心思いながら言っているんだけど (笑)。 そして、なぜか、「お母さんの子どもだから、大丈夫に決まってる!」という殺し文句に、ウチの母親は納得して黙る。 だから、このことばは、親を納得させるのに、かなりの力を持っている殺し文句なんじゃないかと思っている。 もし親を納得させたいときがあったら、「あなたの子どもなんだから、大丈夫に決まってる!」という殺し文句を試してみて (^_-)-☆ 注意 : ウチの母親はかなりの変り者だから、一般的な親に効力がある殺し文句とは限りません (笑)。 ~ ▲ 過去ブログ ▼ ~ ブログ1号店『ウチの母親は妖怪?!子泣き爺か砂かけ婆だ!』by Kaon-Bloguru

【 掲示板 】

おしゃべりをすると元気になる「おしゃべりネットカフェ」でお話をして、こころを元気にしてみませんか?ご来店をお待ちしています (^^♪ (予約制)