#南米「ペルー」番外編 ~ しばし写真 de 旅 ~

 ~ ▲ 過去ブログ ▼ ~

『#南米「ペルー」前編 ~ しばし写真 de 旅 ~』

『#南米「ペルー」後編 ~ しばし写真 de 旅 ~』のつづき


毛のないペルーの " ペルー犬 "

ペルービアン・ヘアレス・ドッグ ( Peruvian Hairess Dog )

むかしは食用犬で、のちに高貴な人のためのペットとして飼われるように


セチン遺跡

インカの石組みのような完成度はないが、南米巨石文明の源流の1つ

「大小さまざまな形の石を組み合わせた壁。3500年前にほぼ隙間なく組み合わせているのがスゴイ技術」と、天野博物館2代目館長の阪根氏が、そんな説明をしてくれたような記憶が?!


首 ( 生首 ) がつみあげられている様子

1番下の首からはエクトプラズム [注1] が出ているそう

エクトプラズムが出ないよう死者の口を " サボテンの棘で縫い付ける " ということもおこなわれていたんだって

[注1]  エクトプラズムとは?
心霊学で、霊媒の体孔から出るといわれる流動性の物質のこと


天野博物館の展示品

日本の童話「一寸法師」を思わせる


「ラマ (Lama)」 ( " リャマ Llama " とも " ジャマ glama " とも呼ばれる)

奈良公園の鹿みたいに、マチュピチュにも、サクサイワマン遺跡にも、ラマが


ラマじゃないよ、" アルパカ " だよ!

" ラマ " も " アルパカ " も " コブ " はないけれど、どちらも南米ペルーに生息するラクダ科の動物

よく似ているけれど、

・「ラマ」の耳は長くバナナのような形
・アルパカの耳は丸くて小さい耳の形
・アルパカの方が毛がふさふさしている
・ラマの方が大きい


アルパカの毛で作られた製品は、ペルーの名産品

お土産屋さんには、" アンデス "  を思わせる柄がズラリと。

こういう模様をみると、わたしの頭の中では「コンドルは飛んでいく」のメロディーが、なぜか自動再生される。

原曲には歌詞はないそう。
アメリカの歌手 サイモン&ガーファンクル (Paul Simon & Garfunkel) がカバーして、日本でも広く知られるように。

「コンドルは飛んでいく ( El condor pasa )」
太鼓をたたく女の子が可愛いすぎ!兄と妹の演奏に癒される♡

歌も聞きたい方は、サイモン&ガーファンクルの歌声とともに、アンデスの景色をご鑑賞くださいませ。


矢印の先、男女の抱擁のオブジェ。
上が♂で、下が♀。

真昼間の子供もいる公園で、かなりの大きさで大胆かつ豪快な作品。

情熱的なラテン系の芸術が爆発した作品 (笑)

The 南米、さすがラテンの血!

ペルー人アーティストの ビクトル・デルフィン 作
作品名「エル ベソ ( キス ) El Beso ( The kiss )」

アモール公園 ( パルケ・デル・アモール Parque del Amor ) では、バレンタインデイに " キス コンテスト " が開催されるそう。

アモール ( Amor ) は、ギリシャ神話の恋心と性愛を司る神 エロス のラテン語名で、" 愛 " を意味する。

ローマ神話の女神 ウェヌス(ビーナス)の息子 クピド(キューピッド)も エロス と同一の神。


この大きさ、「芸術は爆発だ!」 と、岡本太郎もビックリするはず (笑)。






ペルー人の現地添乗員 VS 日系2世の阪根ちゃん


途中のサービスエリアで、物売りの少女が。

年齢は6歳ぐらいだったはず。

その少女を、添乗員さんはボランティア精神で、バスの中に。

歌を歌ってくれたり、積んだお花の花束をプレゼントしてくれたり。

そんな少女にチップが飛び交う。

少女が帰ったあと、阪根ちゃんが、
「数千円でも現地では大金・・・癖になるから・・・」と。


与える愛、与えない愛、どちらもやさしさで、愛。

難しいね・・・、考えさせられたな。

その人に必要な愛だけを与えられる人になれるといいな、与える愛も、与えない愛も。。。


『南米「ペルー」~ しばし写真 de 旅 ~』の番外編でした。

【 掲示板 】

おしゃべりをすると元気になる「おしゃべりネットカフェ」でお話をして、こころを元気にしてみませんか?ご来店をお待ちしています (^^♪ (予約制)